>  > 肩の力を抜くくらいが丁度良いのかな

肩の力を抜くくらいが丁度良いのかな

風俗はそんなに力むよりも、肩の力を抜いて適当に楽しむくらいが丁度良いんじゃないかなって思っているんです。力んだらキリがないと思うんですよ。風俗を利用する際、ポータルサイトを通してホームページを見る。それを何時間も繰り返している人もいるみたいですし、その気持は分からなくもないんですよ。風俗を利用する以上、後悔したくないじゃないですか。がっつりと、心置きなく楽しむためにはそれが一番だと思うんですけど、ただあまりにも底に固執しすぎるとそれはそれでどうしても自分の中でのハードルが高くなるし、さらに言えばはっきり言ってキリがないよなって気もあるんです。お店だけではなくデリヘルまであるんです。そうなると、風俗をって思った時に自分がお世話になる女の子の選択肢が物凄いことになっちゃうじゃないですか。だからある程度妥協するというか、そんなに気にしないで適当に利用するくらいの方が、結果的には良いものを得られるんじゃないかなと。

嬢との相性は大切だと思う

風俗嬢選びは大切ですけど、ただ相性も大きいと思うんですよ。相性はある程度調べられる部分もありますけど、実際に肌を合わせてみなければ分からないものなので、予期せぬ形で相性の良さを実感させられるケースもあると思うんですよね。大まかな相性は分かると思うんですよ。マゾな男であればサドな風俗嬢を指名した方が良いですしね(笑)そのくらいは分かるんですけど、さらに細かい部分の話をすると、やっぱりそこはもう試してみなければ分からないものじゃないですか。例えばフェラにしても女の子によって微妙に違うんです。だから実際に試してもらわないと自分が求めているものなのか、それとも微妙に違うものなのかまでは分からないじゃないですか。だから相性の良さを感じるためには、それなりに自分も経験することが大切なのかもしれないですよね。よく分からないって状況よりも、少なくとも自分が何を求めているのかくらいは理解しておくべきかなって。

[ 2017-05-02 ]

カテゴリ: 風俗体験談